ぐるなびの特徴について

日本最大のグルメ情報サイト「ぐるなび」。 その最大の特徴は、知名度の高さ、情報量の多さ、幅広いマーケティングといったところです。 つまり、最大級の情報サイトであるという事が、一番の特徴という事ですね。 もう少しミクロな視点で見てみると、「ぐるなび」はサービス内容が非常に多いグルメ情報サイトという特徴があります。

そして、それによってサービスの内容もかなり幅広くなっています。 たとえば、2005年にはブライダル事業を行っていたジョイジョイ株式会社を吸収し、ウエディングサービスも開始しました。 「ぐるなびウエディング」は、結婚式を挙げる式場や、二次会等を開く際の会場、その際に出される料理など、様々な「結婚式の際の食」をプロデュースするサービスとして人気を博しています。

この他にも、「ぐるなび印」の様々なオリジナル商品の開発や、外食産業とその周辺産業とのコミュニケーションを手助けする「ぐるなびオリジナルBtoB」など、様々な事業を行っています。 こういった幅広い経営も、大企業ならではの特徴といえるでしょう。 ただ、最もメジャーな情報サイトなので、「ぐるなび」でレアな情報を探すのは少し難しいかも知れません。 そういう意味では、「穴場を穴場でなくすサイト」といえるかもしれませんね。

かに通販が美味しいと知人に勧められ、初めて買ってみました。

かにに限っては自分で買ってくるのとは違い、相当なメリットのあるお取り寄せに決めています。

家族が食べたいだけのかにを購入するといったい何十キロになるのか、重さ制限がなくいくらでも買えるのはおとりよせでしかありえないですね。

何キロになったとしても制限はありませんし、宅配便の軽快なフットワークでどんな山奥でも玄関まで大きさ、重さに関係なく運んでくれますから手間がかかりませんね。

あとは玄関から冷蔵庫までの間だけ運べばいいのです。

手間がかからず楽チンですね。

新鮮なまま名産地から直送された最高の状態のかにを家にいながら心ゆくまで味わえるのもお取り寄せの最もいいところかもしれません。

日頃から親しんでいるものの中にも、詐欺の芽が隠れていることがあるようで、ここのところ増えているというのが、かにかに詐欺などと一部では呼ばれていたりするそうですが、つまりは、かにの注文をだしにお金を騙し取られる詐欺です。

まずはかに通販会社と称するところから電話がかかり、何周年キャンペーンでただ同然のかにを買えるなどと興味を引き、アンケートの中でプレゼントなどにつられて個人情報を答えていたりすると、数日が経った頃、断ったはずのかにと思われる大きな宅配便の箱が届き、中に入っている請求書にあ然とします。

返品しようにもクーリングオフの対象外と断られ、泣く泣くお金を払うことになってしまいます。

また、通販会社の中には、大きさも品質も最上級の品揃えと保証しながら、売れ残りのかにやB級品のかにを押し付けられるなんてこともあるそうですが、詐欺といってもその手口は多岐にわたり、油断もすきもない世の中です。

このような時代を生き抜くには、隙を見せない生き方を心がけるしかありませんね。

皆が大好きな蟹。

蟹がよく獲れる地域として、多くの方が真っ先に連想するのは北海道をおいて他にありません。

北海道といえば海の幸のメッカ。

多くの種類の蟹が獲れます。

他の地域で獲れる蟹にも美味しいものは多くありますが、トータルで言うなら北海道は日本一の蟹の産地といえるでしょう。

でも、それはそれとして、日本国外で獲れた蟹が北海道で売られているケースがけっこうあり、意外な気分になります。

どんな食品でもそうですが、おいしいかにを見極めたいなら、ブランドがついたかになら、はずれなしと考えるそれで失敗はないでしょう。

ブランドがにの見分け方としてどこかにタグやシールがついているはずです。

その名は、特定地域で獲れたかにであることの立派な証拠です。

それがおいしさの証明であるからこそ、自信を持って産地を表示し、ブランドにしていると言えます。

初めて蟹通販を利用する方にお勧めしたいのは、ポーションタイプ(小分けに冷凍された食品という意味です)の商品です。

「えっ、一番おいしいのは活蟹でしょ?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、素人には身をさばくだけでも大変です。

蟹を食べる際の、殻むきなどの面倒臭さから解放されるためには、ポーションタイプの蟹を通販で取り寄せ、蟹鍋と洒落込むのが私のイチオシです!ポーションタイプではなく、丸ごと揃った蟹を味わいたい方は、身の崩れた蟹などを安く売っている「訳あり蟹」を選べば、お得に美味しい蟹に舌鼓を打つことができますよ。

インターネットでもかに通販サイトはおいしそうなかにの写真をたくさん載せています。

通販で食品を買うのは難しく、どこから買えばいいのか迷う人がたくさんいるのは仕方ないでしょう。

おいしいかにを通販で買いたい、でも失敗したくない、という人には、テレビでかに通販のチェックを勧めます。

一年中あるわけではありませんが、テレビ通販のかには質の良い品を全国に紹介していることが多く信頼できる品だと思って良いでしょう。

ただ、かに特集の放映をチェックして、電話やネットで購入する手間はかけてください。

ズワイガニのうち、特にメスのことをセコガニと呼びます。

ある場所では、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。

オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、普通よく行われる調理方法は、脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにする方法です。

それとは対照的に、小ぶりなセコガニは脚の身も少ないですが、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、むしろ、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。

どうせ買うなら、より安いかにをと悩んで調べてみた方が多いでしょう。

市場に買いに行ける方ならば市場でまとまった量を買えばかなりお得です。

一般的には、小売店や百貨店よりも安く新鮮なものが手に入ります。

今はかに通販も充実しているので、よく調べれば流通コストを省いて安くなっています。

松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。

どちらかといえば、松葉ガニより小さめサイズが多いのですが産卵期前で、卵を抱えていて全体に濃厚な味なので、松葉ガニよりも、通好みでファンが一部で知られています。

とても出回る期間が短く、一年の内で11月から1月の間でしか漁の期間は決まっているので珍重されるのは当然です。

通販で買ったかにのおかげで、かなり危ない目に遭いました。

アレルギーでなくても、かにの食べ過ぎには用心してください。

おいしそうな毛蟹がたくさん手に入り、彼女と競うようにしてたくさん食べたところ、だんだん寒気を感じました。

でも、おいしくて食べるのをやめられません。

身体の震えが止まらなくなってしまいました。

おいしいかにには思わぬワナがあります。

食べ過ぎは身体に悪いのです。

私のような目には遭わないようにしてください。

蟹通販を利用する上で気になる点はなんでしょうか。

それは、まず大事なのは蟹の値段や量、何より新鮮さを確認すること。

最後に、送料を気にすることです。

送料は入念に確認しておくべきです。

蟹を新鮮なまま送るのは大変だというのもあって、送料を高めに設定している業者もあるので、送料の有無やその額を必ず購入前に見ておくようにしてください。

なるべく送料無料の業者を選ぶべきなのは言うまでもありません。

なお、基本的には送料の掛からないところでも、離島など一部地域にお住まいの方は、どうしても送料が掛かってしまいます。

色々な方から、一番おいしいかにはどのかにかという話題になりますが、答えはいつも決まっています。

ズワイガニです。

実は、その産地の名がついているかには、ほとんどズワイガニです。

地域ブランドのかになので、松葉ガニ、越前ガニといった地域の名がつくようなズワイガニは、文句のないおいしさです。

少々お高いのはブランド料だと考えてください。

そうしたブランドのかには味噌もおいしいのです。

無理のない価格で美味しいかにを食べたい。

贅沢な望みと分かっていても、憧れますよね。

かにを食べたい時に食べたいだけ注文するにはかにの通販がいつでもどこでもインターネットや電話で注文できてお手軽だと話題です。

これほどかにの通販をイチオシするのには訳があります。

家の近くのスーパーで売っている引取り手のない冷凍庫のかにの惨状を見るにつけ、実のぎっしり詰まったおいしいかにが、買えるのは、かに好きにはたまらないサービスで、毎月でも食べたいくらいです。

そしてギリギリの価格設定でスーパーなどより安く購入可能がどこのお店でも徹底しているので、うれしい限りです。

かに専門店ならではの変り種のかにを安く出してくれることもあり、お得意様になってもいいかもしれません。

近年では、かに通販のカタログやサイトをよく見ると、丸ごとのかにに加えてポーションが案外目立ちます。

殻をむき、中身を取り出したとして販売されています。

多くは箱詰めの、むき身のかにです。

色々な料理に使いやすいというのもありがたいですし、殻が割れたものなど、丸ごと売れない品を加工用に回すため加工してあるのに比較的安いといううま味もあるのです。

我が家のパパは蟹が大好き。

蟹通販で取り寄せた蟹も、私達が手をつける間もないまま、一人で片付けてしまうほどです。

私もよく唇を尖らせるのですが、たまには家族で美味しい蟹に舌鼓を打ちたいものです。

そこで、我が家で定番になっているのがポーションタイプの蟹です。

活蟹とは違い、既に身をさばいて殻も取り除いてあるため、「今夜は家族で蟹鍋を囲みたい!」というときでもさばいたり殻を剥いたりの手間がかからないので便利です。

殻が剥いてあることによって、小さい子供にも食べやすいので、気軽に楽しめます。

大人も子供もハッピーですね。

関連ページ